カニ ちらし寿司

テンションが上がるカニのちらし寿司

私の家では、カニを食べるとき、その食べている時に、喧嘩になる事があるので、困っているのです。

 

それは子供も妻も、カニを存分に食べたいという気持ちがあるので、それを余分に食べてしまう人をみると、その人に対して、腹が立ってしまうようです。

 

そのことから、その美味しい誰もが好きなカニを、分け隔てなく食べる事ができるようにと、ちらし寿司に入れることにしています。

 

そうすると、まんべんなくカニを食べる事ができるので、喧嘩になる事がないのです。

 

そしてそのちらし寿司をつくる時は、通常のちらし寿司を作っておいて、その上に豪快にカニの捌いた身をのせることにしています。

 

カニの身は、赤いので、その赤いと言うことが、そのちらし寿司をとても雄々しく見せる事ができます。

 

そしてそこに入れる前に、その身を美味しく食べるために、ゆで方も大切となるのです。
それはあまり茹で過ぎてしまうと、カニの身が小さくなってしまうので、気をつけるようにします。

 

すると、ふっくらとしたカニの身を食べる事ができるのです。
ちらし寿司にはいったカニの身は、そのお寿司の風味によってより甘さが際立つので、美味しく食べる事ができます。

 

また普通のちらし寿司の場合でも、そのカニの身を入れることで、とっても豪華に見せる事ができます。

 

そのため私の場合は、パーティを行う時に、ちらし寿司を作る場合は、必ずカニの身を入れることにしています。
すると、そこに参加している人が真っ先に、手を伸ばして食べるものとなっています。